新聞の解約(クーリングオフ)を内容証明で格安代行 <全国対応>

FrontPage

内容証明による新聞解約(クーリングオフ)の格安代行

国家資格者である女性行政書士による新聞解約(クーリングオフ)

画像の説明

<安心の一律料金>
4,000円(別途送料実費2,000円)

[check]強引な勧誘を断れずに新聞の契約してしまった。
[check]自分でクーリングオフの書類を作成する時間がない。
[check]書面で通知するというが何を書いたらいいのか分からない。
[check]良く分からないまま長期間の契約をしてしまった。
[check]クーリングオフってどうすればいいの?
[check]既に景品を受取ってしまった
[check]月何千円の新聞の解約手続きに何万円ものお金を支払うのはちょっと・・・

このような方はぜひ当事務所にご依頼ください。
全国対応しております。

お申込み・お問い合わせは今すぐこちら
画像の説明045-211-4066

※クーリングオフはスピード勝負です。
できる限りお電話でお申込・お問い合わせください。

自宅に訪問してくる新聞購読の勧誘による契約は特定商取引法第9条で定める「訪問販売」に該当します。
契約を解除するには8日間という限られた期間内に解約手続きをとることが必要になります。
特定商取引法9第3項により、相手方はあなたに対して、解除に伴う損害賠償や違約金の支払いを請求することはできません。

また、既に景品を受取っていても、期間内であれば新聞購読契約のクーリングオフは可能です。

新聞の解約(クーリングオフ)代行案内

料金 4,000円(別途送料実費2,000円)

<業務内容>
新聞解約(クーリングオフ)ご相談 内容証明文面作成 内容証明送付手続

 

クーリングオフは書面ですることが法律で定められています。

<新聞の解約代行お申込み方法>

画像の説明お問い合わせ・ご相談
お気軽にお問合せ・ご相談ください。(電話 045-211-4066)

画像の説明契約書とご依頼書の送信
新聞契約書とご依頼に関する書類をFAX・メール添付にて送信していただきます。

FAX番号 020-4667-4698

画像の説明代金のお支払
1週間以内に代金をお支払ください。

お支払い方法 銀行振込
みずほ銀行 横浜支店 普通 2686956 ヤストミ ユキエ

新聞契約の解約(クーリングオフ)について

自宅に訪問を受け、自宅で契約した新聞の購読契約は、特定商取引法で定める「訪問販売」に該当しますので、申込書 (契約書) を受領した日を含む 8日間以内 であれば、クーリングオフの対象となります。

その場合、違約金・損害賠償等の支払義務はありません。
また、既に景品を受取っていても、新聞購読契約のクーリングオフは可能です。

クーリングオフは、法律で定められているとおり、必ず書面 (クーリングオフの通知書)を発信(郵便局から発送)することにより行う必要があります。
業者に電話で解約の申し込みをしたり、連絡するものではありません。

契約者本人からの手続きと、第三者である行政書士事務所による内容証明郵便では、業者側の対応が異なってくる場合が多いのが実際です。

ご相談は無料です。

1、クーリングオフの意思表示を記載した通知書を作成します。
2、クーリングオフの通知書を、直接契約した新聞販売店に宛てて、内容  証明郵便にて発信します。
3、通知書の記載内容 (クーリングオフの意思表示)と、クーリングオ  フ期間内に発送した事実を、証拠書類として残します (内容証明・消印等)
※新聞購読契約の多くは、新聞社本社との契約ではなく、
各地域の新聞販売店との契約となるため新聞購読契約のクーリングオフは、新聞社本社に対してではなく、直接契約した新聞販売店に対して行うことになります。

これら全ての手続を、クーリングオフ期間内に完了する必要があります。

当事務所は、このクーリングオフに必要なすべて手続を4,000円(別途実費2,000円)で代行します。

申込書や契約書という、「契約の証拠書類」 を業者に渡している以上、
「契約を解除したという証拠書類」 を残しておく必要があります。
証拠書類が無く、後にクーリングオフをした、しないなどの争いになった場合に「契約書」という、契約成立の証拠を持つ業者に対して解約の証拠を残しておくことが大切になりますので内容証明郵便で発信します。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional